歯科の老人在宅診療

歯科の老人在宅診療について

歯科が行う老人の在宅診療

高齢になると虫歯の発生リスクが高くなり、歯の病気を放置しているといつの間にか歯がなくなり、物を噛む機能が衰えたり、食事ができなくなるおそれがあります。老後の食べるという楽しみが奪われるだけでなく、生活の質が落ちたり、生きる意欲までなくなるようなこともあるかもしれません。多くの高齢者には歯の治療が必要になってくるということで、歯科医師は老人の在宅診療を行っています。歯科医師が高齢者の家を回って、口腔ケアを行っています。在宅診療が増えることで、高齢になっても自分の歯で食事をすることができるようになるでしょう。

在宅診療に力を入れる歯科

歯科医院の中には、在宅診療に力を入れるクリニックがあります。高齢で外出がままならない、体に不自由な所があって通院が困難、精神的な病気で外来受診が困難といった方を対象に自宅や施設などでの診療をしています。例えば高齢者の方のケースでは、在宅診療で歯科の専門的なクリーニングを受けることで、虫歯や歯周病の原因となる細菌を取り除くだけではなく肺炎などの発生リスクも低減できるというメリットもあります。さらに、適切な治療を受けることで食事がしっかり噛めて、治療前に比べると栄養状態が格段によくなったという方も少なくありません。

↑PAGE TOP